東日本大震災以降、別荘を持つ人がやや増えた傾向があるのは、震災などで自宅を失った場合に、移り住むための仮の住まいとして、保険的な意味合いで別荘を所有する人が増えたからであるようです。

別荘を持つということはそれなりの資産は必要です。

経済的な余裕がないと別荘を仮に購入したとしても、維持し続けることができません。別荘は管理せずに放っておくとガタがきます。

ですので、維持するためには管理費用がかかります。

いくらお金に余裕がある人でも、一度買ったはいいものの一年に数回程度しか使わない場所のために、コストをかけ続けるのは勿体無いと感じ、売りに出すという場合もあるのです。

ですので別荘を購入する時は、目的がはっきりしてないといけません。作家の方なんかでしたら、執筆活動に励むために別荘を購入する方が多いです。

空気の澄んだ自然の中にいると、感性が研ぎ澄まされて、すらすらと心のまま自然に筆が進むのかもしれませんね。



ogtzuq