別荘に求める条件は色々とあると思いますが、暑い夏をやり過ごすための避暑地としては、やはり軽井沢が最も良い別荘地でしょう。軽井沢には沢山の別荘地が広がっているだけでなく、周辺にテニスコートやゴルフ場、乗馬施設などがあります。

また家族連れでも、子供たちを連れて、自然と触れ合いながら遊べるレジャー施設が沢山あります。

お勧めはおもちゃ王国や浅間牧場、軽井沢タリアセンなどです。

長野オリンピックの時に新幹線が通るようになった関係で、軽井沢駅周辺も賑わうようになりました。軽井沢の駅前には、軽井沢プリンスショッピングプラザがあります。

別荘が欲しいと思ったらまず、どれぐらいの予算で、どれぐらいの規模の物件が欲しいか、またどういった用途に使用したいかといったことを考えてまとめる必要があると思います。

基本的に別荘地での不動産売買は、一般的な物件を販売するのとは異なります。

別荘地の物件は流動的です。

よく売られ、またよく買われるからです。

売られる理由はいくつかありますが、一つはオーナーが高齢の資産家で、体の調子が悪くなったりして別荘まで足を運べなくなったという場合や、遠方に住む孫が遊びによく来ていたが、大きくなってから、もう遊びに来なくなった。若しくは自分の代になって、経営状態が悪化し手放すことになったなど様々です。

買い手は(物件に欠陥があったりしない限り・・・、)いつでも現れます。

リーマンショック以降、景気が落ち込みましたが、それに関係なく、軽井沢の物件は非常に流動的であり、一定のスパンで所有者が入れ替わっています。

結局のところ別荘というのは、永続的に持ち続けるものではないのかもしれません。



東日本大震災以降、別荘を持つ人がやや増えた傾向があるのは、震災などで自宅を失った場合に、移り住むための仮の住まいとして、保険的な意味合いで別荘を所有する人が増えたからであるようです。

別荘を持つということはそれなりの資産は必要です。

経済的な余裕がないと別荘を仮に購入したとしても、維持し続けることができません。別荘は管理せずに放っておくとガタがきます。

ですので、維持するためには管理費用がかかります。

いくらお金に余裕がある人でも、一度買ったはいいものの一年に数回程度しか使わない場所のために、コストをかけ続けるのは勿体無いと感じ、売りに出すという場合もあるのです。

ですので別荘を購入する時は、目的がはっきりしてないといけません。作家の方なんかでしたら、執筆活動に励むために別荘を購入する方が多いです。

空気の澄んだ自然の中にいると、感性が研ぎ澄まされて、すらすらと心のまま自然に筆が進むのかもしれませんね。



作家の方に人気の別荘地エリアの一つとして、千ヶ滝エリアがあります。

軽井沢内でも特に涼しいエリアでありますし、比較的安く購入できる物件もあります。

中には1千万円ぐらいで購入できる物件もありますので、低予算で別荘を購入したい人にも、ちょうど良い物件があると思います。

また友人を招待してパーティーを開いたり、庭でバーベキューをして騒いだりということをしたとしても、このスポットはあまりクレームになったりということを心配しなくても大丈夫そうです。

他の別荘地ですと、計画的に別荘地として開発されたエリアの場合等でしたら、ある程度別荘が密集していますので、親戚や知人を呼んで、バーベキューをしてお酒を飲んだりと、別荘でホームパーティーを開いたりする用途で購入したのに、遅くまで騒いでいると近所からクレームが入ってしまったりします。





軽井沢は車で移動するのは、目的地がはっきりしている場合は便利ですが、単純にブラブラと観光を楽しみたい場合には、返って邪魔になります。

というのは、大型の施設などでは必ず駐車場が完備されていますが、そうでない場合には、車を停める場所がなく、駐車場を探して右往左往するということもあり得るからです。

ですので、軽井沢を色々と観光しながら回りたいという場合は、自転車を使うと便利です。

サイクリング目的であれば北上していくと、季節の風景も楽しめますし、草津温泉まで行って、温泉につかって帰って来るというのも良いと思います。

自転車を別荘などに持ち込んでいる方もいらっしゃいますし、町の観光だけであれば、軽井沢町内にいくつかのレンタサイクルがあります。

しかしそれでも目的によっては車の方が便利な場合もありますし、車を利用したいと考える方もいらっしゃると思います。

そういった場合は、軽井沢駅前にある駐車場を契約しておき、車を止めておきます。

1年に1回だけシーズンになると使用する車なので、この車は別荘専用車となるのです。

別荘までは新幹線などで行けばいいですし、お金持ちの方はその方が楽だといってそうされる方もいますし、若しくははじめから駐車場付の別荘を選ぶようにするかです。

不動産、物件情報 in軽井沢



軽井沢には様々なエリアがあります。

中軽井沢エリア、旧軽井沢エリア、新軽井沢エリア、千ヶ滝エリア、南軽井沢エリア、南ケ丘南原エリア等が有名ですが、もう一つ忘れてはならないのが、星野エリアです。

そもそも軽井沢が別荘地として知られるようになったのは、アレクサンドル・クラフト・ショーが明治期にやってきて、しばらくこの軽井沢で過ごしてみたところ、彼の故郷のトロントに似ていたこと、また、欧米人にとって夏がとても過ごしやすい気候だったことから、この地を大変気に入り、ここに別荘を所有したのが始まりです。

アレクサンドル・クラフト・ショーが別荘を建てたのは、現在のエリア分けでいう旧軽井沢エリアになります。

星野エリアは、1905年に星野温泉が始まってから開け始めてきました。時期によっては、軽井沢プリンスホテルスキー場とこの星野エリアを繋ぐ、シャトルバスが運行されており、軽井沢のスキー場にウィンタースポーツを楽しみに来られた方は、ぜひ星野エリアまで足を運んでみることをおすすめします。

星野温泉トンボの湯では、温泉に入りながら四季折々の季節の風景を楽しめますし、近くにある野鳥の森では、数多くの野鳥を観察することができます。





友達に招待されたり、若しくは一度軽井沢に遊びに行ったことをきっかけに、別荘を所有したいと考えるようになったという人は、まずその別荘を所有している友人に、不動産業者を紹介してもらうのが、一番無難な方法だと思います。

もしそういった友人がいないのであれば、周りの人を探してみて、少しそういったことに詳しい人がいないか、聞いてみるのがいいです。

色々と当たってみたが、そういった人がまるでいないという場合は、仕方がないので、自力で業者を選ぶしかありません。業者を選ぶ時には何点か気をつけたいことがありますが、まず軽井沢界隈の不動産屋は、金持ちが物件を買いに来ることが多いので、中には高くてよくない物件を、故意に売りつけてきたりもします。

金持ちは細かいことを気にせず、おおらかな性格の方が多いので、不良物件を売りつけても、クレームになりにくのです。

それをいい事にいい加減な売り方をする営業マンがいるので、誠実な優良業者であるかどうかを、しっかり見極めるようにして下さい。野心家で、金持ちと繋がりを持ちたいという目的で、わざと軽井沢で仕事をしている営業マンがいるようですが、こういった人の場合は、物件の売買契約に限らず、今後のお付き合いを考えたいと思っている場合が多いので、わりと誠実な対応をしてくれる人が多いようです。

参照元サイト:軽井沢不動産のおすすめ物件情報



ogtzuq